かんがえごと


生物を文学的に読み解いた分子生物学者

高校生の頃、司馬遼太郎にどっぷりハマった。それ以来、本棚の半分は司馬遼太郎で埋められており、また没後も様々な関連書籍や全集的なものが発刊されているため順調に本棚の中は更新されている。

中2病全盛期だった時分、「自分とは何か?」という、今であれば酒の肴にさえならない恥ずかしすぎる疑問に悶々としていた僕にとって、司馬遼太郎の、「日本人とは何か?」という問いを歴史的考察に乗せて淡々とまた少しの詩情を持って語る、所謂司馬史観と言われる歴史小説群は格好の遊び道具だった。

タイトルとは全く結びつかなそうな前置きだが、最近、タイトルにある分子生物学者 福岡伸一に対して似たような感情を抱いている。「生物とは何か?」ということをロマンティックに冷静に見つめる目。またセンスの良い言葉選びは、良い意味で学者らしさの見えない「軽さ」を感じる。先日彼の名著「生物と微生物のあいだ」を読み終えた。読後感には、モヤモヤした尾を引く何物かが残るが、まさしく彼の言う「流れ」なのか、とも思う。彼も冒頭で書いている通り、彼独自の思考や発見ではなく先人たちの知恵の切り貼りだそうだが、生物学に造詣のない僕にとってはほど良いレベルの読み物だった。

以下本文より抜粋。

エントロピー増大の法則に抗う唯一の方法は、システムの耐久性と構造を強化することではなく、むしろその仕組み自体を流れの中に置くことなのである。つまり流れこそが、生物の内部に必然的に発生するエントロピーを排出する機構を担っていることになるのだ。

一見すると「?」が頭を巡ること必至だが、頭から読み進むにつれて、いつの間にか引き込まれていき何となく分かったような気になる生物学入門本。55万部売れたベストセラーの新書だが未読のかたは是非。

写真は雲南市にある大好きな名旅館「湯之上館」の窓に貼り付いたカエルくん。

——————————–
本日の一冊

生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)
福岡 伸一 (著)